コラム

2016/10/07

外壁の劣化の原因とその症状

前回は屋根の劣化の原因とその症状について書きました。
今回は外壁の劣化の原因とその症状について書いていきたいと思います。

外壁も、屋根と同じく家の内部を守る働きをしています。
内部が風雨にさらされるのを防いだり、温度や湿度を調節し保ったり、という働きです。
ですので、その外壁が傷んでしまうと、外観だけでなく、日々の生活にも
影響がでてくることがあります。

では、まず外壁の劣化の原因となるのは何なのでしょうか。

第一の原因として挙げられるのが、家自体の経年劣化によるものです。
木造であっても鉄骨であっても、建物は常に熱や湿気によって収縮などの微妙な動きがあります。
この動きが外壁の塗装下地に影響を与え、クラックなどを生じさせる原因となっています。

次に塗装下地そのものの経年劣化です。
塗装下地は年数が経つにつれて段々と水分を失い、乾燥してきてしまいます。
この乾燥により、外壁の表面にクラックが生じることもあるのです。

そして最後は外的要因です。
屋根と同じく、外壁も常に雨や風、紫外線に晒されています。
この風雨による劣化の症状は塗料によって違ってきたりもするのですが、
例えば、長い間酸性雨にさらされるとコンクリート中に含まれる炭酸カルシウムが溶け出してしまうこともあるのです。
また、強い日差しを受けることになる西側の外壁は他の面に比べて劣化のスピードも
早くなってしまうので要注意です。


ところで、先ほどから何度か述べた「クラック」という劣化症状ですが、
みなさまはクラックが何かをご存知ですか?
クラックとは簡単に言えば外壁にできるヒビ割れのことです。
初期段階ではヘアークラックと呼ばれる髪の毛の細さ程のヒビなので見つけにくいかもしれません。

しかし、次第にそのヒビは広がっていき、目に見える太さになってきます。
このようにしてクラックが下地にまで到達してしまうと、そこから雨水が入り込み、
壁の中の木材が腐ってきてしまうことにもつながりかねません。


屋根とは違い、外壁は普段から目にするものなので、汚れや劣化の症状が出てきた際には、
早めに対策を施すことをおすすめします。


LINE@開設しました、外壁塗装に関して気軽なご質問お待ちしています。

LINE@はこちら
https://line.me/R/ti/p/%40gnt1890b

一覧に戻る

お見積り・ご相談は完全無料
どんなことでもご相談ください

株式会社KUBOは、三重県津市白塚にオフィスを構える塗装会社です。
三重県、愛知県を中心に一般住宅やアパート、マンション、工場、ビルなどの屋根塗装や外壁塗装などの施工を行っております。
塗装会社として、皆様の快適な暮らし作りのお手伝いをいたします。

まずはどんなことでも
ご相談ください

住宅の壁面は日々雨風にさらされ、どんどん劣化しているんです。どんな些細な悩みでも構いませんので、一度私たちにご相談ください。

お問い合わせ

塗装サービス

三重県・愛知県を中心に
展開しております

地図

三重県

四日市市・桑名市・いなべ市・亀山市・鈴鹿市・津市・伊賀市・名張市・松阪市・三重郡・員弁郡・桑名郡・菰野町・朝日町・木曽岬町・川越町

愛知県

名古屋市・一宮市・稲沢市・江南市・愛西市・津島市・弥富市・清須市・あま市・蟹江町・大治町・海部郡・西春日井郡・丹羽郡・瀬戸市・尾張旭市・長久手市・日進市・東郷町・大府市・東海市

地域に関して疑問点等ございましたら、是非一度お問い合わせください

採用情報

株式会社KUBOでは、私たちと一緒に、三重・愛知の地域の皆様の生活を守る仲間を募集しております。

採用情報