コラム

2016/11/08

屋根塗装のカバー工法とは

外壁や屋根も長い年月とともに劣化して来て10年過ぎたあたりから場合によっては塗装を行う必要も出て来ます。
屋根の場合は費用も多額な為に簡単に吹き替えを行うというわけにも行かず、平型化粧スレートとして知られるカラーベストなどは工事の際に多くの残材も出て合理的とも言えません。
中には有害なアスベストが含まれる場合もあり、これを解体するには多額の処分費用がかかることになります。

そしてこれを拭き替えずにその上にガルバリウム鋼板を重ねて葺く方法は遮熱性や遮音性、耐久性に優れ、且つ耐食性にも優れる屋根材と言われています。

硬質ウレタンフォームが利用され、これが断熱材とともに遮音材としての効果を持つために豪雨の時の雨音も静かなものになりますし、耐食性では酸性雨にも耐え得るとされます。
耐久性については20年以上とされていて殆どメンテナンスが要らず経済的とされています。

重量の思い屋根材は地震時に弱いとされますが、平米当り5キロとされますので重さは粘土瓦の10分の1程度とされ問題になるような負担にはなりません。

カラーベスト以外にもアスファルトシングルや金属材など平板な素材の場合に用いることが出来ます。

施工も残材が出ない為にコストが抑えられ、工期も短期間で行えます。
断熱性については屋根下の室内の温度上昇を抑えることができ、夏場の冷房負荷を軽減することも出来ます。
屋根塗装とされていますが塗装替わりというところで塗装の1つの方法とされています。

ただどういう瓦でも可能というわけではなくて日本側らは不向きとされています。
表面が平坦でないためですが、瓦棒屋根は理論上は可能とされています。
しかし屋根下地とか雨漏りを起こしたことのある屋根の場合には下地の点検や場合によっては構造的な補強が必要となる場合もあります。

カバー工法の手順としては既存の屋根の上にカバーをかけ、このカバーは一般には防水シートと呼ばれています。
棟木については下地を加工しておきます。
その上にガルガリウム鋼板を葺き、棟木や破風などには役物を取り付けて出来上がりとなります。

一覧に戻る

お見積り・ご相談は完全無料
どんなことでもご相談ください

株式会社KUBOは、三重県津市白塚にオフィスを構える塗装会社です。
三重県、愛知県を中心に一般住宅やアパート、マンション、工場、ビルなどの屋根塗装や外壁塗装などの施工を行っております。
塗装会社として、皆様の快適な暮らし作りのお手伝いをいたします。

まずはどんなことでも
ご相談ください

住宅の壁面は日々雨風にさらされ、どんどん劣化しているんです。どんな些細な悩みでも構いませんので、一度私たちにご相談ください。

お問い合わせ

塗装サービス

三重県・愛知県を中心に
展開しております

地図

三重県

四日市市・桑名市・いなべ市・亀山市・鈴鹿市・津市・伊賀市・名張市・松阪市・三重郡・員弁郡・桑名郡・菰野町・朝日町・木曽岬町・川越町

愛知県

名古屋市・一宮市・稲沢市・江南市・愛西市・津島市・弥富市・清須市・あま市・蟹江町・大治町・海部郡・西春日井郡・丹羽郡・瀬戸市・尾張旭市・長久手市・日進市・東郷町・大府市・東海市

地域に関して疑問点等ございましたら、是非一度お問い合わせください

採用情報

株式会社KUBOでは、私たちと一緒に、三重・愛知の地域の皆様の生活を守る仲間を募集しております。

採用情報