コラム

2016/12/01

クラックについて

クラックは外壁などに生じるヒビ割れのことで、一般的には経年劣化によるものが多くなっています。
塗膜部分にだけ起きているものであれば塗装をし直しただけで埋めることが可能ですから、目立つようになってきたら塗装のタイミングが来たといえます。


放置してしまうとさらに悪化してしまったり、雨水の浸入を許して腐食してきたりカビや藻が生えて見た目が悪くなってくることもあります。
外壁の種類によっては湿気で膨張し破損に至ることがあります。


サッシ周りの四隅でクラックは発生しやすく、定期的な確認が必要な場所です。


モルタル壁は8年程度で防水性能が低くなってきて塗膜だけでなくその下のモルタルまでヒビ割れが起きている場合は注意が必要で、浅い場合にはシーリング材を充填した後に下塗りして塗装を行うことで修理できますが、モルタルの奥まで届いてしまっている場合には、Vカット工法やUカット工法を行いシーリング材を使うことになります。


サイディングボードが使われている外壁であっても、10年程度経過したら塗装のタイミングいえて、特に寒冷地は冬場に凍結と融解を繰り返すため劣化が進みやすくなります。


外壁が風雨に晒され紫外線を浴びたり、湿気と乾燥、気温の変化が繰り返されることで劣化が進みますが、建物の骨組みが歪むなどしてクラックが生じている場合には塗装を行ってもまたすぐに同じ状況になってしまいます。


地震の揺れや振動が原因であったり、地盤の部分的な沈下で建物が傾いている、新築時の手抜き工事が影響していたり、設計のミスで耐震強度が弱いなどの理由がありますから、建物の歪みの原因を究明して、補強工事を行うなどの対応が必要となってきます。


業者によってクラックの大きさによる対応が違っていて、補修の選択も様々ですから現地確認を依頼した後に、調査結果の提出や工法の説明を受けたり見積もりを作成してもらうことは必ず行うべきで、よく検討してから工事の申込みを行うべきです。

一覧に戻る

お見積り・ご相談は完全無料
どんなことでもご相談ください

株式会社KUBOは、三重県津市白塚にオフィスを構える塗装会社です。
三重県、愛知県を中心に一般住宅やアパート、マンション、工場、ビルなどの屋根塗装や外壁塗装などの施工を行っております。
塗装会社として、皆様の快適な暮らし作りのお手伝いをいたします。

まずはどんなことでも
ご相談ください

住宅の壁面は日々雨風にさらされ、どんどん劣化しているんです。どんな些細な悩みでも構いませんので、一度私たちにご相談ください。

お問い合わせ

塗装サービス

三重県・愛知県を中心に
展開しております

地図

三重県

四日市市・桑名市・いなべ市・亀山市・鈴鹿市・津市・伊賀市・名張市・松阪市・三重郡・員弁郡・桑名郡・菰野町・朝日町・木曽岬町・川越町

愛知県

名古屋市・一宮市・稲沢市・江南市・愛西市・津島市・弥富市・清須市・あま市・蟹江町・大治町・海部郡・西春日井郡・丹羽郡・瀬戸市・尾張旭市・長久手市・日進市・東郷町・大府市・東海市

地域に関して疑問点等ございましたら、是非一度お問い合わせください

採用情報

株式会社KUBOでは、私たちと一緒に、三重・愛知の地域の皆様の生活を守る仲間を募集しております。

採用情報