外壁塗装では塗料の種類と施工業者の選定が重要

外壁塗装は、塗装の回数や塗料の種類が重要です。外壁塗装で使用する塗料は、ある程度品質の良いものを選び、施工業者は手抜きをせず、アフターフォロー体制も万全な業者を選ぶ必要があります。

三重で外壁塗装をお考えでしたら、ご相談からアフターフォローまで徹底する株式会社KUBOにお任せください。ここでは、外壁塗装を長持ちさせるために気をつけたいポイントをご説明します。

適切な塗装回数

適切な塗装回数

外壁に塗料を塗る際、その回数は1回ではなく3回が基本の回数となります。素地を調査した後、素地部分を整えその上塗りする塗料との密着度を高めるためにまずは下地を塗ります。下地を乾燥させた後に中塗りを行い、さらに乾かして上塗りで仕上げるのが一般的な塗装回数です。

塗装の回数を守ることは、塗装後の効果を最大限に発揮させるためにも重要なポイントです。塗料の種類や外壁塗装の目的に合わせた仕上げ工法の工夫などにより、塗装回数が変わることもありますが、基本的には下塗り・中塗り・上塗りの3回と覚えておきましょう。

グレードの高い塗料を使用する

  • アクリル塗料

    以前は外壁塗装で使用される塗料として一般的でしたが、技術進歩で新しい塗料が開発されたことにより、現在では外壁塗装には使われていません。耐久性は5~7年程度です。

  • ウレタン塗料

    シリコン塗料が開発されるまでは、ウレタン塗料が外壁塗装に使用されていました。ウレタン塗料の耐用年数は8~10年程度で、現在ではあまり使われていません。

  • シリコン塗料

    シリコン塗料は、8~15年程度の耐用年数があります。価格と耐久年数のバランスが良く、現在の外壁塗装工事の多くはシリコン塗料が使用されています。

  • ラジカル塗料

    シリコン塗料よりも価格は高くなりますが、ラジカル制御型酸化チタンを配合することで、シリコン塗料よりも耐候性が優れています。シリコン塗料と同程度の耐用年数です。

  • フッ素塗料

    フッ素樹脂を使用した塗料で、シリコン塗料を上回る15~20年程度の耐久年数があります。

  • 光触媒塗料

    太陽光で汚れを分解する働きがある次世代塗料です。高価ですが15~20年程度の耐久年数があり長持ちします。

定期的にメンテナンスを行う

定期的にメンテナンスを行う

塗膜は汚れや紫外線の影響で劣化するため、外壁塗装を長持ちさせるには定期的なメンテナンスが欠かせません。

外壁を高圧洗浄で清掃すると汚れが落ちて塗装が長持ちしますが、塗料の耐用年数が近づいてくると塗り替えを行うことが必要になります。

耐用年数は塗料の種類や塗った後の環境などにより変わるため、定期的にメンテナンスをしながら、塗料の種類に応じて8~20年毎に塗り替えが必要です。定期的に塗り替えを行うことで、建物の寿命も長くなります。

三重で外壁塗装をお考えの方は、株式会社KUBOにお任せください。三重県や愛知県で外壁や屋根の塗装、リフォームを行っており、高品質で丁寧な施工を心がけています。

塗装箇所や使用する塗料商材によって3~10年のアフターフォローをつけていますので、施工後も安心してお任せいただけます。ご相談やお見積りは無料で承りますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

三重で外壁の工事をお考えなら株式会社KUBO

会社名
株式会社KUBO
代表
久保 仁志
住所
〒514-0101 三重県津市白塚町3806
TEL
059-236-6606
FAX
059-236-6607
URL
https://kubo-paint.jp/
受付時間
9:00-18:00
工事対象
一般住宅、アパート、マンション、工場、ビル
事業内容
建築塗装工事/鉄骨塗装工事/吹付塗装工事/防水工事/塗床工事/シーリング工事

まずはどんなことでも
ご相談ください

住宅の壁面は日々雨風にさらされ、どんどん劣化しているんです。どんな些細な悩みでも構いませんので、一度私たちにご相談ください。

お問い合わせ

塗装サービスについて

三重県・愛知県を中心に
展開しております

地図

三重県

四日市市・桑名市・いなべ市・亀山市・鈴鹿市・津市・伊賀市・名張市・松阪市・三重郡・員弁郡・桑名郡・菰野町・朝日町・木曽岬町・川越町

愛知県

名古屋市・一宮市・稲沢市・江南市・愛西市・津島市・弥富市・清須市・あま市・蟹江町・大治町・海部郡・西春日井郡・丹羽郡・瀬戸市・尾張旭市・長久手市・日進市・東郷町・大府市・東海市

地域に関して疑問点等ございましたら、是非一度お問い合わせください

採用情報

株式会社KUBOでは、私たちと一緒に、三重・愛知の地域の皆様の生活を守る仲間を募集しております。

採用情報